スマホ脳 注意報  (スマホで国語力はつきません)


爆速「漢検」道場

  ⚽「小4で漢字を極める」・・漢字をパソコンでゲームのように高速でマスター 

 

国語が出来ない(嫌いな)生徒は漢字が読めないのが原因と言われています。

 

漢字が読めなければ漢字の意味も調べられません。

結果、本を読むのにもなかなか前に進みません。

だから文字を読むのが面倒になり読書嫌いになるのです。

 

このコースは漢字嫌いをなくすのに最適!

パソコンでゲームのように漢字を徹底的にマスターしていきます。

 

 

・漢字検定7級(小5レベル)

・漢字検定6級(小6レベル)

・漢字検定5級(中1レベル)

・漢字検定4級(中2レベル)

・漢字検定3級(中3レベル)

  

 

超高速で漢字を覚えます。

小4の1年間で漢検7級~どこまで習得できるかチャレンジします。

 

中学生でも国語の苦手な生徒は・・・漢検7級(小5レベル)から学習してみてください。  

あっという間に漢検3級(中3)まで面白いように漢字が読めるようになります。

もちろん書けるようにもなります。

 

 

✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑✑

 

⚽中学生 国語

 

・小学生  ”爆速”「漢検」道場

A. 7級

B. 6級

C. 5級

D. 4級

E. 3級

 

----------------------------------

・中学生  <賢人の国語>

F.  中学1年 文法・読解(初級)

G. 中学2年 古文

H.        論理の追求 

I.  中学3年 高校受験

 

国語は定期試験対策のみ準拠で対策します。

国語は途中入塾の場合、上記コースから生徒が選択(コースによりシステムが違うため)。

 

 


「9割が教科書を読めていない」 私立文系しか行けない子供たちの末路

著書 国立情報学  研究所教授 新井紀子氏  によると国語は最も重要な科目。

「全ての教科書を正確に理解できる小学生はクラス内の2,3人です。また、子供の語彙力は家庭環境の影響が大きく、小学校入学時点で3~4倍の差がつくこともある。AIが台頭する時代、読解力なしには仕事を選べません。と指摘しています。

 

特別な生徒でない限り国語力は(中学時代)でピークになり高校になってからは全く伸びない・・・ということです。

このように国語力は小学生、中学生でほとんど決まってしまうという事のようです。

 

この本を読んだ養老 孟 教授 は、現在の学生たちの読解力のなさにこれからの日本を憂いておられました。


 

論理・思考重視の国語で賢人を養成します

国語が出来ない生徒は全ての科目でつまづくことが明らかになっています。

小学生のうちから国語(文字を読むのが)嫌いを無くすように各家庭で指導することをお勧めします。

 

 

当塾は「漢検」と「論理的思考」を追求する学習の2つのカリキュラムを実施しています。

小学4年から入塾可能です。

中学は定期試験対策、高校受験対策を実施しています。

 

 

中学からの入塾の場合、国語のレベルを見させて頂きます。

国語力が著しく低い場合、国語を当該の学年まで履修してから他教科への学習へ取り組むことをお勧めします。(漢字を読めない、意味が分からない・・学習に支障があるため)

 

 

入塾時期によっては「漢検」は全て踏破できない場合があります。

(補習時間についてはご相談ください)