////////////   『数学無料塾』 私立中学   体系 数学1&2  ////////////   

 注目を集める『反転学習』とは? 

 

現在、目覚ましい結果を出し、全米で大きな注目を集める「スタンフォード・オンライン・ハイスクール」。

米国中の最難関大学合格に圧倒的結果を出し始めた背景がテレビでも取り上げられました。

それではどうやって「スタンフォード・オンライン・ハイスクール」では結果をだしたのか?

それは ”反転学習” です。

 

「反転学習」とは

1.家庭で予習・・・ 家庭でオンラインで予習してきます。

2.学校で復習 ・・・学校に来た時の学習は復習になります。

 

このように日本の学校の授業とは逆の方式です。注)家庭で予習してこないと学校での学習についていけません。

 

 

※人間は2つのことを同時にやるのにはもともと向いていない。

「授業を聞きながらノートを取る」という従来の学校の授業の在り方は人間に不向き・・それが反転学習を取り入れた理由とのこと。

 

そこで当塾は、生徒が家庭で反転学習できるように数学をYou tube にアップ『数学無料塾』を開設。

 

・分かりやすい音声とアニメの導入解説で作成、「完全予習が可能」です。 ⇒ 問題演習は各学校のテキストを使用してください。

・学校を病気で休んだ時、忘れたところの復習をしたい時、数学が苦手なので夏休みの内に予習したい・・使い方は自由。

 

全国の生徒が「無料」で学習できます。目次の学習したい「項目」をクリックすると学習できます。

 

 ↓ 体験

/////////  体系数学1  /////////


◎代数

・素因数分解

 1.素因数分解       (  2分34秒)

 

 

 

【第1章】 正の数・負の数 42分

 1.符号のついた数     (  6分29秒) 

 2.数の大小        (  5分22秒) 

 3.加法          (  5分16秒)

 4.減法          (  1分38秒) 

 5.加減混合        (  1分17秒) 

 6.( )を省いた式    (  1分56秒) 

 7.乗法          (12分08秒) 

 8.除法          (  2分52秒) 

 9.乗除混合        (  1分04秒)

10.四則混合        (  3分50秒)

 

 

 

【第2章】 文字と式     31分

 1.文字を使った式      (3分32秒) 

 2.文字式の表し方      (4分23秒) 

 3.文字式の利用       (6分03秒) 

 4.式の値          (2分25秒) 

 5.1次の項の加法・減法   (5分19秒) 

 6.1次の項の乗法・除法   (4分50秒) 

 7.1次式の加法・減法    (3分50秒)

 

 

      式の計算(中2)17分

 1.数の表し方              (2分13秒)

 2.文字式のしくみ      (1分22秒)

 3.文字式の加減       (1分52秒)

 4.単公式の乗除       (2分59秒) 

 5.四則混合計算       (1分57秒)

 6.等式の変形        (3分17秒)

 7.式の値          (1分07秒)

 8.式の利用         (2分48秒)

 

 

      式の展開(中3)12分

 1.単公式と多項式の乗除   (1分42秒)

 2.多項式 × 多項式      (1分07秒) 

 3.乗法公式         (2分55秒)

 4.乗法公式の利用      (2分01秒)

 5.整数や図形に関する問題  (2分12秒)

 6.数の計算への利用     (1分11秒)

 

 

 

【第3章】  方程式    23分

 1.等式           (1分58秒)

 2.等式の性質        (4分18秒)

 3.方程式とその解      (2分53秒) 

 4.1次方程式の解き方    (5分45秒)

 5.1次方程式の応用     (7分33秒)

 

 

      連立方程式   29分

 1.連立方程式とその解    (3分32秒)

 2.代入法による解法     (5分52秒)

 3.加減法による解法     (6分51秒)

 4.連立方程式の解法     (1分35秒)

 5.いろいろな連立方程式   (3分48秒)

 6.連立方程式の応用     (7分14秒)

 

 

 

【第4章】  不等式    14分

 1.不等式とその解      (1分48秒)

 2.不等式の性質       (2分38秒)

 3.不等式の解き方      (4分48秒)

 4.不等式の応用       (4分05秒)

 

 

 

【第5章】 1次関数

  比例と反比例(中1)  37分

 1.関数           (7分40秒)

 2.比例           (8分48秒)

 3.反比例          (6分15秒)

 4.座標           (6分30秒)

 5.グラフ          (8分18秒)

 

  1次関数 (中2)   30分

 1.1次関数の意味      (6分19秒)

 2.1次関数のグラフ     (9分41秒)

 3.直線の式を求める     (7分29秒)

 4.2元1次方程式のグラフ  (5分03秒)

 5.1次関数の応用      (1分39秒)

 

 

 

【第6章】 資料の整理   19分    

 資料の整理        (5分23秒)

 平均値          (3分13秒)

 相対度数         (3分25秒)

 相関図と相関表      (6分49秒)

 

 

 

◎幾何

【第1章】  平面図形  27分

 1.直線と角         (5分32秒)

 2.直線の位置関係      (4分56秒)

 3.円と弧          (3分26秒)

 4.作図           (8分31秒)

 5.図形の移動        (4分31秒)

 

 

 

【第2章】  空間図形  30分

 1.空間図形の基本      (6分45秒)

 2.直線や平面の位置関係   (8分57秒)

 3.空間図形の表し方     (3分12秒)

 4.立体の構成        (5分48秒)

 5.立体の切断        (4分36秒)

 

 

 

【第3章】  平行と合同  33分

 1.角と平行線         (4分38秒)

 2.多角形の角         (8分27秒)

 3.図形の合同         (8分31秒)

 4.証明のしくみ        (5分39秒)

 5.定義と定理         (5分34秒)

 

 

 

【第4章】 三角形と四角形 38分

 1.二等辺三角形        (11分00秒)

 2.正三角形          (  3分31秒)

 3.直角三角形の合同条件    (  3分36秒)

 4.平行四辺形の性質      (  5分33秒)

 5.平行四辺形になるための条件 (  5分32秒)

 6.いろいろな四角形      (  5分37秒)

 7.平行線と面積        (  3分19秒)

 

 

 

 

 

 

 

 


///////  体系数学2  ///////


 ◎代数

【第1章】 式の展開  12分

 1.単公式と多項式の乗除   (1分42秒)

 2.多項式 × 多項式      (1分07秒) 

 3.乗法公式         (2分55秒)

 4.乗法公式の利用      (2分01秒)

 5.整数や図形に関する問題  (2分12秒)

 6.数の計算への利用     (1分11秒)

 

 

     因数分解   17分

 1.素因数分解        (2分34秒)

 2.因数分解         (0分37秒)

 3.共通因数でくくる因数分解 (1分16秒)

 4.公式を利用した因数分解  (3分22秒)

 5.複雑な因数分解      (4分05秒)

 6.数の計算への利用     (0分56秒)

 7.式の値と式の変形     (1分37秒)

 8.整数や図形に関する問題  (2分23秒)

 

 

【第2章】 平方根   45分

 1.平方根の意味       (7分35秒)

 2.平方根の大小       (2分55秒)

 3.近似値          (0分51秒)

 4.有理数と無理数      (5分14秒)

 5.積と商          (2分22秒)

 6.平方根の変形       (6分46秒)

 7.分母の有理化       (3分28秒)

 8.乗法と除法        (4分10秒)

 9.加法と減法        (3分35秒)

10.いろいろな計算      (2分37秒)

11.式の値          (2分07秒)

12.平方根の応用       (3分23秒)

 

 

【第3章】 2次方程式 32分

 1.2次方程式の意味と解   (7分12秒)

 2.因数分解の利用      (3分58秒)

 3.平方根の利用       (5分08秒)

 4.平方完成の利用      (5分05秒)

 5.解の公式の利用      (4分35秒)

 6.文章題          (3分33秒)

 7.解と方程式の関係     (1分56秒)

 

 

【第4章】 2次関数  43分

 1.2乗に比例する関数    (  6分37秒)

 2.比例定数の決定      (  2分39秒)

 3.グラフ          (11分34秒)

 4.増加・減少        (  3分19秒)

 5.変域           (  1分50秒)

 6.変化の割合        (  3分30秒)

 7.2次関数の応用      (  5分05秒)

 

 

【第5章】 確率      13分

 1.確率の意味         (3分53秒)

 2.確率の求め方        (9分00秒)

 

 

    標本調査      9分

 1.標本調査         (4分20秒)

 2.確率の性質        (4分32秒)

 

◎幾何

 【第1・2章】相似な図形  23分

 1.相似な図形        (5分16秒)

 2.三角形の相似条件     (4分41秒)

 3.平行線と線分の比     (7分30秒)

 4.中点連結定理と重心    (5分29秒)

 

 

【第3章】 円       46分

  1.円の基本的資質      (  8分17秒)

  2.円周角          (12分14秒)

  3.接線           (13分20秒) 

  4.円に内接する四角形    (  4分22秒)

  5.四角形の内接条件     (  3分34秒)

  6.応用           (  4分07秒)

 

 

【第4章】 三平方の定理  45分

  1.三平方の定理       (8分21秒)

  2.三平方の定理の逆     (6分07秒)

  3.特別な直角三角形     (2分39秒) 

  4.平面図形への利用     (5分29秒)

  5.座標への利用       (2分06秒)

  6.空間図形への利用     (4分20秒)

  7.円とおおぎ形       (4分07秒)

  8.すい体と球の求積     (4分03秒)

  9.相似な図形の面積比    (3分44秒)

 10.相似な図形の体積比    (4分18秒)