読解 = 語彙力 

 

読解が出来ないのは単・熟語力(語彙力)が無いから

 

 

 

このシステムは時間節約型のテスト形式。  

 

出てきた単語で正当した単語は2度と出てきません。

 

習対象になるのは「出来なかった単語だけ」です。

 

  

 もう、他人やシステムのせいにはできません (*´ε`*)。

 

 

 

 

 

「難関大学受験」を目指す生徒には必須のコースです。 

 

 

 

受験には語彙力(単語力)が非常に重要で、語彙力をあなどり失敗する生徒が多数います。

 

模試や入試で単語が思い出せなければ大変。

 

  

 

この学習法は生徒たちが結果を出すのに大きく貢献していました。

 

このコースで大学受験に必須の単・熟語を ”高速” でマスターしていきましょう。


 MARCH 以上の受験を考えている生徒は絶対に覚える必要があります。

 

 

 受験の3要素

受験の合否は以下の3点が決め手になります。

1. 生徒の習熟能力と忘却速度・量

2. 受験科目数

3. 対策開始時期

 


~受験心得~

1.の能力は変える事ができません。

2.の科目数を考慮に入れ、受験直前に時間が足りなくならないよう

3.の取り組み始める時期を早めることが肝要です。



「青」が各生徒の「能力」「茶」が「努力」というグラフです。

 

A君とB君を比べるとA君の方が能力が上ですが、B君も時間を積み増すことで追いついています。

 

このように英語の習得は「能力を時間でカバー」することで十分に大学受験受験に対応可能です。

 

受験に間に合うよう対策の開始時期に注意しましょう。

 

 「デジタル演習」システム 先進的な学習は はB君のような 能力を時間でカバーしたい生徒 の「時間の短縮」に大きく貢献します。